萬福寺は日本三禅宗の一つ 黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山であり、
1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師によって開創されました
静なたたずまいの寺で、毅然としているところが好ましく思いました

萬福寺の本堂 大雄寶殿(だうおうほうでん)
本尊の釈迦如来座像を本尊とする萬福寺最大の建物
P6170620

大雄寶殿(だうおうほうでん)の前にある香炉 中国の文様が珍しく美しい
P6170639

萬福寺の境内の諸堂をつなぐ道は、中央に菱形の石を縦1列に並べ、
左右を細長い葛石でおさえた形式です
修行僧等は左右の葛石の上を歩き、決して中央の石を踏んではならず
住持と高僧および参拝者のみが中央の石を歩くことができるという戒律です
P6170615

寺の玄関にあたる、天王殿(てんのうでん)に祀られている布袋像
中国では弥勒菩薩の化身と言われている、貫禄ある太鼓腹の布袋像
P6170657

総門(そうもん)左右の屋根が低い牌楼(ぱいろう)式の中国的な門
他の京都のお寺と違った独特の雰囲気がある、異国情緒漂う境内でした
P6170605

大魚を模した『開版』 木魚の原型と言われていて、時を報ずる法具で
僧侶が食事をする斎堂の前に吊るされています。口にくわえている珠は煩悩
大魚が煩悩を吐き出そうとして吐き出せないでいる状態だそうです
P6170628

萬福寺の伽藍はそのすべてが屋根つきの回廊で結ばれています
雨天の際でも問題なく法式を執り行うことができるようになっています
殿舎の廊下が敷瓦で靴を履いたまま諸堂を巡ることができます
P6170630
とても静かなお寺を拝観したあとは、近くの宝善院で中国式の精進料理
普茶料理(ふちゃりょうり)をいただきました
松の緑が広大な寺域に、満開のつつじが彩りを添えています
P6170644


平等院鳳凰堂  
浄土院養林庵書院(重要文化財)非公開の書院を特別拝観してから
平等院鳳凰堂、鳳翔館(宝物館)を見学しました。

南から見た阿字池と平等院鳳凰堂
平等院鳳凰堂の中堂には平成の大修理を終えて金箔鮮やかな
阿弥陀如来像が座っています。壁面には『雲中供養菩薩』とよばれる
52体の雲に乗った小仏像が様々な姿で掛けられています。
2001年に開館した『鳳翔館』の中で、鳳凰・雲中供養菩薩像・梵鐘を間近に
見ることができます。将来は中堂の小仏像はすべてコピーになり、
本物はすべて鳳翔館に納められるそうです。
P6170572
蓮池の花はまだ蕾でしたが、鉢植えの蓮の花が咲いていました
藤の花の季節には、地面まで届くほど見事な長い房の花が咲くそうです