祇園花見小路は国際色豊かな観光客で溢れています
タクシー・乗用車、観光バスも人波を分けて走ります
P6150216


しかし、一歩裏通りに入ると打ち水された静謐な路地を歩くことができます

P6150223


祇園の春の風物詩『都をどり』が催される祇園歌舞練場
その敷地内に、草間彌生作の巨大なかぼちゃが据えられています

P6150193


静かな路地に趣のある暖簾・提灯が揺れています
P6150232

昔懐かしい井戸が現役で使われています

P6150225



竹の曲線が美しい、高さ1mほどの犬矢来(いぬやらい)は
防護柵などの様々な役割を果たしていますが、
京の街並みの風情を保つのに一役買っています。

興味深そうに町家を見つめる外国人の観光客
P6150206

料理のメニューが表示されているので、お店に入りやすくなっています
P6150221

祇園で舞妓さんの京舞を見て京料理をいただきました
九州出身で17歳の可愛い舞妓さんでした

P6150246


ライカカメラの祇園店がありましたが、残念ながら見る時間がありませんでした
エルメスの祇園店もあり、いずれも京町家の外観とブランドの落差に驚かされます


7月末まで期間限定で出店しているエルメスのお店

祇園エルメス