ホテルの部屋から見た英虞湾の朝焼け。真珠養殖の筏が浮かぶ水面が美しい。温泉につかり、時間とともに変化する朝の風景を眺め朝食前のひとときを過ごしましたP2050354


伊勢志摩スカイラインを通り標高555mの朝熊山山頂に向かう途中の道路わきに鹿の姿を見かけました。朝熊山(あさまやま)展望台から一望する伊勢市・鳥羽市。運が良ければ富士山も見えるそうです
P2050382

朝熊山は古より日の出の名所として有名で新春には初日の出を拝む大勢の人で賑わうそうです。360度の大パノラマを楽しみました
P2050392



朝熊岳金剛證寺 山門の長い階段を上ると連間の池と朱漆の太鼓橋があります
P2050398

伊勢神宮の鬼門(牛寅)を守る奥の院ともいわれ、伊勢神宮参拝を終えた人々が参詣するのが江戸時代かからの習わしでした。表裏の違う珍しい山門『仁王門』です
P2050406


『朝熊岳金剛證寺本堂』慶長14年(1609年)再建された日本三大虚空蔵菩薩の第一位で広大無縁な福徳・威徳・智徳の三徳を有する仏様です。福威智満虚空蔵菩薩とともに天照大神をお祀りし神仏習合の思想を表しています。外部は朱漆、内部は金箔押で桃山時代の清華をつくした建物です
P2050423


『福牛』頭上に福の神といわれる大黒様を乗せていて、一度この福牛に福牛に触れれば心清く、意志堅固となり福徳智慧増進し身体健康のご利益が授けられます
P2050425


『智慧寅』御本尊虚空蔵大菩薩の広大なお智慧をいただいた寅。慈愛と威徳が授けられます。福牛・智慧寅にご縁を結ぼうと撫でられたお顔がピカピカに光っています
P2050421


奥の院『極楽門』
奥の院までの道は、今まで見たこともないような数百本の巨大な卒塔婆が並んでいました。大きなものでは高さ8mもある卒塔婆が壁のように並ぶ様を見上げると、何とも言えない異世界観で圧倒されました
P2050432