奈良旅行 その3(完) 薬師寺

薬師寺 金堂 
天武9年(680)天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気回復を祈り発願された、約1300年昔の白鳳時代の歴史を持つお寺です
奈良時代の仏教彫刻を代表するご本尊・薬師三尊像が安置されています
薬師如来を中央に、脇侍の日光菩薩、月光菩薩の美しいお姿を拝見しました
修学旅行生が見学していましたが、古都奈良の静かな雰囲気はそのままです
PA170157-1



大講堂
正面の幅41m、奥行17m、高さ17mある、伽藍最大の建造物です
ご本尊には彌勒三尊像、後堂には仏足石・仏足跡歌碑が安置されています。仏足石の両脇に釈迦十大弟子も祀られています
PA170168-PANO


食堂 
(平成29年5月落慶)
堂内には田渕俊夫画伯により描かれた食堂ご本尊『阿弥陀三尊浄土図』を中心に、全長約50mにわたる壁画『仏教伝来の道と薬師寺』が奉納されています。食堂に安置されている『千体阿弥陀仏』は阿弥陀如来のお姿を浮き彫りにした金銅仏が輝き並ぶさまに、見とれてしまいました
PA170176


西塔 高さ36mの総桧造り (東塔は修理中で令和2年4月落慶)
お釈迦様の仏舎利を祀る建物で、東西二基の初層にお釈迦様の生涯を八場面に分けて安置していました。西塔には成道・転法輪・涅槃・分舎利が祀られています

PA170164


中門 
境内最大の重厚な山門で、華やかな『二天王像』が出迎えてくれます
PA170156

カラフルで重厚な鎧をつけた存在が印象的でした
PA170155

手水舎
PA170153


お写経場
長い歴史の中で天災・人災により東塔を除くすべての建物が火災により消失した薬師寺にとって失われた伽藍の復興は長年の夢でした。精神性の伴ったお写経勧進による白鳳伽藍の復興を目指し一巻千円の納経料を頂き、百万巻の目標を達成、昭和51年に金堂が落慶されました
PA170198


玄奘三蔵院 礼門
薬師寺らしい、朱色と青色が華やかで美しい門
PA170202



玄奘塔
薬師寺の宗派、法相宗の始祖・玄奘三蔵のご頂骨を奉安し、玄奘三蔵の遺徳を顕彰する伽藍です。平成12年12月31日、平山郁夫画伯が約30年の歳月をかけ完成された玄奘三蔵の精神を描いた『大唐西域壁画』を絵身舎利としてお祀りしています
PA170206

朝・昼・夕・夜の流れで書かれた玄奘三蔵法師の旅『明けゆく長安大雁塔』から『ナーランダの月』まで、貴重なラピスラズリの群青色が美しく、平山郁夫画伯のシルクロードの世界『大唐西域壁画』は素晴らしい壁画でした

初春のお伊勢参りから始まり、初夏の出雲大社詣で、秋の奈良・神社仏閣巡り、祈りの一年でした

奈良旅行 その2 春日大社&唐招提寺

春日大社 中門 御本殿の直前にある楼門で約10mの高さがあります
御廊は中門から左右に約13m、鳥が翼を広げたように伸びています
樹齢1000年高さ20mの大杉、この前庭で舞楽や神楽が奉納されます
PA170134


燈籠の並ぶ回廊を歩き、御蓋山浮雲峰遙拝所に向かいます
PA170113


万燈籠 日本一たくさんの燈籠があることで有名な春日大社
2000基の石燈籠1000基の釣燈籠、平安時代から現在まで
奉納された合計3000基の燈籠は厚い信仰の広がりを示しています
年に3回全ての燈籠に浄火を灯す神事、春日万燈籠が行われています
PA170115


燈籠を置くのはもともと仏教の習慣でしたが平安時代以降、
神社にも取り入れられました。
石燈籠の中で最も一般的なのは、笠や台座の部分が六角形をした、春日形燈籠
PA170106


春日大社 南門 高さ12mあり、春日大社最大の門です
PA170140



唐招提寺 国宝 金堂
内陣には像高3mに及ぶ本尊・盧舎那仏坐像を中央に右に薬師如来立像、
左に千手観音立像が並ぶ姿は、天平時代を彷彿させる厳かな雰囲気に包まれています
PA170212



豊かな量感と簡素な美しさを兼ね備えた天平様式の金堂
PA170219


国宝 鼓楼 瀟洒な重層の建物で、1階に鑑真和上の如来舎利三千粒の
仏舎利を安置していることから『舎利殿』とも称されます
PA170229


宝蔵と経蔵 国宝
宝蔵は経蔵より一回り大きく、その堂々とした姿は校倉の典型と言えます
経蔵は唐招提寺で最も古い建造物で、日本最古の校倉です
PA170232


境内には蓮池があり、四季折々の花が楽しめるようになっています
万葉集に一番数多く読まれて、万葉人に愛されていた萩の花が見頃でした
落ち着いた静かな雰囲気の中で、古都奈良を満喫した一日でした
PA170240-EFFECTS

奈良への旅 その1 興福寺

関東地方でも影響を受けた台風19号の影響で小田急線が新松田駅まで不通
小田原駅から新幹線に乗る予定だったので、二宮経由のバスで行くしかない
と思っていましたが、旅行の前日午後3時、開通しホットしました。
当日は朝から曇天でしたが、新幹線が京都に近づくにつれ青空が広がり
天気に恵まれた奈良旅行となりました

興福寺の国宝『東金堂』と古都奈良のシンボル『五重塔』
EFFECTS24


国宝『東金堂』こんなに気持ち良く晴れた天気は珍しいとのことでした
午後のひととき、小学生の子供たちが楽しそうに見学しています
PA160056


平成30年10月に約300年ぶりに落慶を迎えた興福寺『中金堂』
PA160038


夕陽に映える中金堂。静かな時間が流れています
PA160036


興福寺『南円堂』西国三十三所観音霊場第9番札所
国内最大の木造八角円堂
PA160050


のんびりとした鹿を見ながら興福寺を後にホテルに戻りました
PA160022


夜は中華料理に合わせて紹興酒の飲み比べ
DSC_012夜16日

島根県への旅 完 出雲平野と玉造温泉

玉造温泉からバスで出雲大社に行き参拝。そして始発点の出雲大社前駅から、終着点の松江しんじ湖温泉駅まで、各駅停車の電車に乗って車窓風景を楽しみながら宍道湖を一周しました。駅舎は国の登録有形文化財建造物として登録されています。 一畑電鉄大社線の開通に伴い1930年建設された、モダンな洋風建築の駅舎です
P5090371

駅舎内部 教会を思わせる高い天井に、ステンドグラス風の窓や照明など独特の趣があります
P5090382

『しまねの木号』島根県木材を豊富に使っています
P5090383

しまねの木号の車内 ボックス席、テーブル、窓枠、網棚まで、すべて木で作られています
P5090390

出雲平野を宍道湖に沿ってバスや電車で一周しました。牧草ロールが面白くのどかな風景です
P5080051


出雲平野の『築地松』(屋敷林)と麦秋    斐川町の洪水と厳しい北西の季節風を防ぐために植えられた防風林は出雲を代表する景観の一つです。一定の高さに刈り整えられた黒松の造形美。バスの車窓から眺めた風景でした
P5090167


出雲ドーム 日本最大の木造建築として平成4年4月にオープンした、多目的スポーツ公園。山陰地方の厳しい気象条件に左右されることなく、年間を通してスポーツを楽しめる施設。水田に水が張られて田植えの季節です
P5090397



玉造温泉の中央を流れる『玉湯川』川の両側に温泉旅館や勾玉などのお店があります。西側は神話通りと言われ、『因幡の白兎』『天孫降臨と三種の神器』等々の神話にちなんだ神様のオブジェが点在している散歩道です。
P5090154

玉湯川の中央に見える、まが玉の形をした『まがたまの小島』は幸せが訪れるという、珍しい青めのうの原石です。川の水量が多いと水没して見えなくなってしまいます。夕暮れのひと時、足湯につかりながら、語り合うカップル
P5080095


地酒の飲み比べ   出雲平野の美味しいお米『仁多米』から作られた純米酒【仁多米】は辛口で、鯛の料理に良く合います
P5090606

温泉旅館の中庭、アヤメが咲いていました
P5080069

出発する車を見送り、手を振る和服姿の女性。松江駅までの路線バスに乗る私たちを、バス停まで見送りに来てくれました
P5100632
5月の大型連休が終わり、温泉旅館、観光地は静けさを取り戻し、ゆったりとした雰囲気でした


島根県への旅 その2 松江城

国宝松江城 全国で現存する12天守閣のひとつで、唯一の正統天守閣といわれています。城郭建築最盛期である慶長期を代表する天守として、平成27年7月に国宝に指定されました。白漆喰の壁は少なく、大部分は黒の下見板で覆われています。黒を基調とした古色で質実な印象を醸しています
P5090572


城山に入ってすぐ、樹冠全体に綿雪を被ったように純白の花を咲かせる木がありました。和名『ヒトツバタゴ』というモクセイ科の高木で、俗称『なんじゃもんじゃの木』日本では長崎県対馬、岐阜県、愛知県、三重県の一部に自生地があるだけの珍しい木です(一つ葉の田子=ヒトツバタゴ)
P5090545

花冠は深く四裂して細く、長さは12~25mm。繊細で可憐な花で、雪のような花が木全体を覆い尽くす様は、神秘的でとても美しい風景でした
P5090550


自然石や割石を積む『野面積』と、石切り場で切り出した石の、平坦な面を加工し合わせやすく積んだ『打ち込み接』という手法で積まれた石垣が、当時のまま残っています
P5090585

松の庭園
P5090594

松江城は5年で完成しましたが、そのうちの3年間は石垣に費やされました
P5090555


興雲閣 松江市有形文化財、松江市歴史的風致形成建造物。明治36年、明治天皇の行在所に使用する目的で造られた迎賓館
P5090562



歩くのが苦手な我々は観光ガイド付きの船で『堀川めぐり』を楽しみました。
国宝松江城の堀、約4kmを約1時間かけて周遊する遊覧船です
P5090450


武家屋敷や塩見縄手の老松などを船に揺られながら、ゆったりと眺めることができました。
P5090440


乗合船は定員10名の小型船で、屋根が折りたたみ式になっています
P5090452



船を進めていくと新緑が美しく、藤の花やなんじゃもんじゃの花も咲いていました。カワセミ、鴨、亀などの姿も見られました
P5090470


16ある橋のうち、4つの橋は橋げたが低く、屋根を折りたたみ、乗客は体を低く折り曲げて橋の下をくぐります。寒い時期はこたつ船になるそうです
P5090485



橋の下からの風景。左の赤い幟は『松江ホーランエンヤ伝承館』の旗。ホーランエンヤとは10年に一度、約100隻の船が豪華絢爛な大船行列を繰り広げる、全国最大級の船神事です。今年は5月18日から26日まで行われます
P5090488


堀川めぐりの途中の船乗り場で、手を振って見送ってくれました
P5090494

ギャラリー
  • ユリの花
  • ユリの花
  • ユリの花
  • ユリの花
  • ユリの花
  • ユリの花
  • ユリの花
  • ユリの花
  • ユリの花