初秋のパリ その6(完)サント・シャペル教会と小鳥市

セーヌ川の中州、シテ島にある、パリで最も美しいステンドグラスのサント・シャペル教会はフランスのゴシック様式の傑作です。パリ最古のステンドグラスが織りなす光の芸術は宝石箱のようでした
P9300715

礼拝堂の高さ7mの天井には星が描かれて、柱などのアーチや細工が素晴らしい
P9300735
四方をステンドグラスに囲まれた礼拝堂で、定期的にクラッシックコンサートが開かれています
P9300750

聖なる宝石箱と言われるステンドグラスに目を奪われます
P9300770

礼拝堂の周りを取り囲む15の大窓のステンドグラスの面積は延べ600平方メートル。差し込む光の美しさに見とれてしまいます。壁一面が荘厳なステンドグラスで埋め尽くされていて、1134個もの旧約聖書・新約聖書の物語がちりばめられています
P9300767

2階礼拝堂にある見事なバラ窓
P9300771

タイルの床
P9300748

シテ島の先端を横切るポンヌフは、パリに現存する最古の橋
P9300712

いつもは花や球根などが並ぶシテ島の花市ですが、日曜日は小鳥たちのゲージが並ぶ小鳥市になります
P9300836

インコやカナリアなど世界各地の可愛い小鳥たちが並びます
レモンとうぐいす餅を思わせるようなインコたち

P9300831

小鳥市の開催に合わせて日曜日にシテ島に行きました。小鳥を見ていると可愛くてホッとします
P9300824

小鳥を眺める人。小鳥だけでなく鳥カゴ、粟やキビなどの餌、エサ入れなど鳥に関する色々なものを売っています
P9300820

居眠りをしている小鳥たち
P9300819
5泊7日のパリの旅。パリの街の良さを感じて楽しんできましたが、一番の問題点はやはり言葉の壁でした。旅行が決まってからの付け焼き刃!これは会話はもう無理と諦めて、Bonjour, Bonsoir, Merci, Sil vous plsit, の挨拶だけ覚えて、怖いもの知らずの70代の二人だけで良く行ってきたものだと思います。

初秋のパリ その5 デパート・街の風景

ヨーロッパ最大級のデパートと言われる ギャラリー・ラファイエットはいつも賑わっています。ホテルから歩いてすぐ近くにあるので何度か足を運びました
P9290663

本館にある、クーポールと呼ばれる高さ43mの吹き抜けの丸天井は1912年にマジョレールのアトリエが手がけた素晴らしい空間で、アールヌーボー建築の象徴です。ドーム型ステンドグラスが美しくパリの歴史的建造物に指定されています
P9290683
美しい内装は店内を見るだけでも価値があります。高級ブランドの品はほとんど揃っていますが、各有名店の前には中国人の買い物客の行列が出来ていました
P9290677

屋上に上がるとクーポールの丸天井の屋根を見ることができます

P9290669

屋上は大変見晴らしがよく、目の前にはオペラ座、遠くにエッフェル塔が見えます。パリの眺めが一望できる穴場スポットです
P9290671

ギャラリー・ラファイエットの隣には1865年創業の老舗デパート、プランタンがあります。美しい建物の外観は1975年に歴史的建造物に指定されています
PA010911

高級ブランドの並ぶこのデパートは、とてもゆったりとして落ち着いた雰囲気です

P9290483

ビルの掲示板には次々と重ねてポスターが貼られています。隣のオープンカフェの前を通ると、軒先に付けられたヒーターの熱気が伝わって来ました
P9290493

メトロの入口 移動は景色を眺めるならバス、早く着くには地下鉄が便利です
PA010856

デパートの近くにあるアップルストア 道路はいつも渋滞しています
P9290497

アレクサンドル3世橋近くを散策する人々。アレクサンドル3世橋は1900年パリ万国博覧会に合わせて建設されました

P9280447

シテ島と右岸を結ぶノートルダム橋。この場所はパリで初めて橋が架けられたところです

P9300784

フラゴナール香水博物館 1926年に誕生した『フラゴナール』は4世代にわたり家族で営む香水ブランド。様々な時代の香水瓶が飾られています
P9270238
相方の好みの旅行スタイルは、何気ない日常の風景の中を散策すること。本屋・スーパーマーケットを覗き、路地裏を歩き市場で土地の人々の生活を感じる、そんなことが旅の楽しみのひとつです

初秋のパリ その4 ベルサイユ宮殿

パリから約20km、17世紀後半にルイ14世によって建てられたベルサイユ宮殿
この日はミニツアーを利用して、バスで行ったので並ばずに入場できました
P9280427-PANO


ベルサイユ宮殿の内門『ゴールデンゲート』
P9280330


王室の礼拝堂 ルイ14世とマリーアントワネットの婚礼が行われた場所でした
P9280340


鏡の回廊は長さ73m、17枚のアーチ型の開口部に357枚の鏡が設置されています。シャンデリアと燭台によって光の空間が演出されています
P9280389


鏡の間の燭台の装飾
P9280386

ルイ15世
P9280359


ヘラクレスの間 天井画『ヘラクレスの神格化』
P9280336


ルイ15世の王妃・マリー・レグザンスカ
P9280360

アポロンの間の天井画

P9280366


宮殿からの眺め
P9280406

宮殿から見た広大な庭園
P9280396

庭園
P9280415-1

初秋のパリ その3 モンパルナスタワーなど

シテ島にあるノートルダム大聖堂はパリの中心にあります。1163年に着工し約200年後の1345年に完成したと言われている、最初のゴシック建築です
P9270129


『ポワン・ゼロ』ノートルダム大聖堂の入口前に「パリの真ん中」を示すブロンズ盤の指標が埋め込まれています。願い事が叶えられると言われる『フランスのおへそ』集った学生たちの仲間に入り、『またパリに戻ってこられますように!』と願いを込めてシャッターを押しました。

P9270145



シャイヨ宮からエッフェル塔の真下に広がるシャン・ド・マルス公園、その先に若い頃のナポレオン・ボナパルトが在籍したことで知られる旧陸軍士官学校エコール・ミリテールの建物です

P9270205

エトワール凱旋門
P9270184


モンパルナスタワー56階の展望台からパリの街が一望できます
中央奥にモンマルトルの丘、左端にオペラ座、手前にルーブル美術館など

P9280249


モンパルナスタワーの最上階(59階)に上ると、遮る物は何もない360度のパノラマが広がる屋上テラスに出ます
P9280267

緑あふれるパリで最も大きな公園、リュクサンブール公園は紅葉が始まっていました。中央に映る影は西日を受けたモンパルナスタワー(午後5時30分頃)
P9280253

モンパルナスタワー展望台から見た、エッフェル塔の風景
P9280275

モンパルナスタワー56階のレストラン『ル・シエル・ド・パリ』からの夕景
P9280284


レストラン『ル・シエル・ド・パリ』でディナー
P9280305


レストランから見たライトアップされたエッフェル塔(午後8時)
P9280308




初秋のパリ その2 オペラ・ガルニエ

パリの有名なシンボルの一つオペラ・ガルニエは世界最大級のオペラ座です
1861年ナポレオン三世の命令によりシャルル・ガルニエが建設に取り掛かった、新しいオペラ座は1875年に完成した建物。オレンジの車は『シトロエン2CV』ドライブ観光の車です
P9290651


金のきらびやかな大回廊は、高さ18m長さ154m幅13m
天井画やシャンデリアの装飾はベルサイユ宮殿の鏡の間以上の豪華さです

P9290552


バレエ公演の行われていない時は豪華な劇場内を見ることができます
この日は数人のスタッフが舞台公演の準備をしていました

P9290599

シャガールの描いた天井画『夢の花束』に吊るされた、340個の電球が付いた巨大な重さ8トンのクリスタルのシャンデリア
P9290588

豪華な観客席は馬蹄型をしており、金属製の構造は大理石、漆喰、ビロード、金メッキで覆われておりこの構造が8トンの重いシャンデリアを支えています
P9290608


音楽の歴史の様々な場面が描かれています
P9290556

金箔がみごとな天井画とシャンデリア
P9290629


大回廊からバルコニーに出るとオペラ大通りからルーブル美術館に抜ける広場が見渡せます
P9290623

高さ30mの豪華な吹き抜けの間に繋がる磨かれた大理石の大階段

P9290544

オペラ座図書館・博物館には、300年にわたる上演演目の楽譜など
オペラやバレエに関する書物が保存されています

P9290583


滞在したホテルはオペラ座のすぐ近くにある5つ星のホテル・スクリーブ
部屋は広く、どこに行くにも便利な場所にありました

P9290512

ギャラリー
  • 綿花の収穫と秋刀魚
  • 綿花の収穫と秋刀魚
  • 綿花の収穫と秋刀魚
  • 綿花の収穫と秋刀魚
  • 綿花の収穫と秋刀魚
  • 綿花の収穫と秋刀魚
  • 綿花の収穫と秋刀魚
  • 初秋のパリ その6(完)サント・シャペル教会と小鳥市
  • 初秋のパリ その6(完)サント・シャペル教会と小鳥市