京都その2 黄檗宗 萬福禅寺&平等院

萬福寺は日本三禅宗の一つ 黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山であり、
1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師によって開創されました
静なたたずまいの寺で、毅然としているところが好ましく思いました

萬福寺の本堂 大雄寶殿(だうおうほうでん)
本尊の釈迦如来座像を本尊とする萬福寺最大の建物
P6170620

大雄寶殿(だうおうほうでん)の前にある香炉 中国の文様が珍しく美しい
P6170639

萬福寺の境内の諸堂をつなぐ道は、中央に菱形の石を縦1列に並べ、
左右を細長い葛石でおさえた形式です
修行僧等は左右の葛石の上を歩き、決して中央の石を踏んではならず
住持と高僧および参拝者のみが中央の石を歩くことができるという戒律です
P6170615

寺の玄関にあたる、天王殿(てんのうでん)に祀られている布袋像
中国では弥勒菩薩の化身と言われている、貫禄ある太鼓腹の布袋像
P6170657

総門(そうもん)左右の屋根が低い牌楼(ぱいろう)式の中国的な門
他の京都のお寺と違った独特の雰囲気がある、異国情緒漂う境内でした
P6170605

大魚を模した『開版』 木魚の原型と言われていて、時を報ずる法具で
僧侶が食事をする斎堂の前に吊るされています。口にくわえている珠は煩悩
大魚が煩悩を吐き出そうとして吐き出せないでいる状態だそうです
P6170628

萬福寺の伽藍はそのすべてが屋根つきの回廊で結ばれています
雨天の際でも問題なく法式を執り行うことができるようになっています
殿舎の廊下が敷瓦で靴を履いたまま諸堂を巡ることができます
P6170630
とても静かなお寺を拝観したあとは、近くの宝善院で中国式の精進料理
普茶料理(ふちゃりょうり)をいただきました
松の緑が広大な寺域に、満開のつつじが彩りを添えています
P6170644


平等院鳳凰堂  
浄土院養林庵書院(重要文化財)非公開の書院を特別拝観してから
平等院鳳凰堂、鳳翔館(宝物館)を見学しました。

南から見た阿字池と平等院鳳凰堂
平等院鳳凰堂の中堂には平成の大修理を終えて金箔鮮やかな
阿弥陀如来像が座っています。壁面には『雲中供養菩薩』とよばれる
52体の雲に乗った小仏像が様々な姿で掛けられています。
2001年に開館した『鳳翔館』の中で、鳳凰・雲中供養菩薩像・梵鐘を間近に
見ることができます。将来は中堂の小仏像はすべてコピーになり、
本物はすべて鳳翔館に納められるそうです。
P6170572
蓮池の花はまだ蕾でしたが、鉢植えの蓮の花が咲いていました
藤の花の季節には、地面まで届くほど見事な長い房の花が咲くそうです

京都その1 一面苔むす幽玄なる別空間  苔寺&鈴虫寺

梅雨時の苔の一番美しい時期に一度は訪れたいと思っていた西芳寺
拝観には事前申し込みが必要で、個人では希望日に行き難く今回は
京都仏教会協力の特別企画ツアーに参加しました
気温は高かったのですが、木陰に入ると爽やかな風が吹きわたっていました

P6160418

深々とした苔に覆われた美しい庭園  
P6160417

西芳寺は、天龍寺の境外塔頭で昔は気軽に入れたと聞きましたが、
今は、事前に往復はがきで申し込みをしなければなりません
拝観料は、京都の寺社の中では最も高額の3000円です

P6160408

青もみじ  涼しい木陰
P6160426

120種類を超える苔に覆われ、まさに緑のじゅうたんを敷き詰めたような
神秘的な世界が広がっています

P6160482

千利休の次男、小庵が再建した茶室『湘南亭』
P6160455


池の周りをめぐって瞑想を誘う『池泉回遊式庭園』
P6160470

下段の池泉回遊庭園と上段の枯山水庭園の結界となる『向上関の門』
P6160485

枯山水庭園 水玉のようなポコポコとした苔が面白い
P6160480

苔庭拝観の前には、本尊の阿弥陀如来像を安置する本堂で写経をします
説法を受け、座机に向かい『般若心経』を必死になって写経しました
書き馴れない筆で写経することに、途中であきらめる人もいました

P6160410
本堂の中ではまだ多くの人々が写経をしています
般若心経を納めた人から順次、苔庭を拝観します

苔寺庭園拝観のあと近くの鈴虫寺に行きました。
鈴虫寺(華厳寺)は四季を通じてスズムシの音色を聞くことができます
うるさい位に、3000匹の鈴虫が鳴く書院に入り住職の説法を40分間、
楽しいお話を伺い心和やかに、いつの間にか虫の声が気にならなくなっていました。

 P6160502
鈴虫寺の竹林

桃のお花見 山梨旅行

臨済宗 妙心寺派の禅寺『慈雲寺』のイトザクラ
樹齢330年程といわれ山梨県の天然記念物に指定されています
満開は来週位になりそうです
P4070332
慈雲寺のイトザクラ
P4070371

慈雲寺の『サンシュユ』
P4070355

笛吹川フルーツ公園の『ベニスモモ』
P4060107

公園では桃・スモモ・花桃・桜・木蓮・アーモンドなど色々な花が楽しめます
P4060100

スモモの白い花は甘いとても良い香りがします
P4070394

甲府盆地を見渡す丘の上は広々とした景色を楽しめます
旅行の目的は一面に広がる桃の花を見ることでしたが、
今年は開花が遅れていてまだ咲き始め、満開になっていませんでした
P4060209

臨済宗 妙心寺派 乾徳山 『恵林寺』 武田信玄公・柳沢吉保夫妻の菩提寺
黒門を入って参道の先に見える四脚門(赤門)
P4060093


恵林寺四脚門(国の重要文化財)から見た参道の風景
P4060088


フルーツパーク富士屋ホテルは露天風呂の温泉があり、ゆったりと過ごせます
P4060280

庭からの夜景 ドームの中に見晴らしの良いレストランがあります
P4060273


天候が変わりやすく晴れたり曇ったり、青空が広がったと思うと時々雨が降りました
山中湖では3月に降った雪が道路の端に小山のように積み上げてあり、
思いがけず雪景色を見ながらドライブしました。
帰りの峠道では濃霧で視界の悪い道を運転した相方、変化のある旅でした。

南禅寺 金地院 晩秋の京都その3

臨済宗の大本山 南禅寺 高さ22mの三門を支える太くて立派な円柱
重量感ある門にずっしりとした歴史の重みを感じます。
PC010463

三門前の紅葉  地に散った楓の紅もまた風情があります。
PC010521

煉瓦・花崗岩造り、アーチ型構造の南禅寺水路閣は高さ9m全長93.2m
琵琶湖疏水を上部に流す陸橋で1888年完成の風格ある建造物です。

PC010487

水路閣の上部を流れる幅4mの水路には、今も水が流れています。
PC010491

南禅寺の三門は歌舞伎『楼門五三桐』の舞台です。
楼上に上がると回廊があり、ぐるっと一周することができます。
この日は市川海老蔵が三門の前でインタビューを受けていました。

PC010549

三門(さんもん)楼上の回廊からの景観
『絶景かな絶景かな~』石川五右衛門の台詞で有名な場所は絶景でした。
こちらは東側から下を見た法堂へと続く道で、遠くに東山の緑が見えます。

PC010538

南禅寺
 苔を覆う楓の紅色 緑と紅の色のコントラストが美しい。
PC010525



南禅寺塔頭金地院、方丈の庭には白砂を海に見立てた
小堀遠州作『鶴亀庭園』という縁起の良い枯山水の名園があります。

PC010431-PANO


金地院は応永年間に大業和尚が足利義持の帰依を得て北山に開創した
禅寺で重要文化財の方丈・東照宮や明智門などの建造物が見事でした。
近くにある弁天池の苔庭に、はらはらと紅の葉が散り始めていました。

PC010445

平安神宮 醍醐寺 下鴨神社 晩秋の京都その2

京都三大祭のひとつ『時代祭』で知られる平安神宮
鷹天門から望む大極殿・・・深い砂利の中を歩きます。
PC010565


平安神宮東神苑の中心を占める大きな栖鳳池に架かる泰平閣(橋殿)
京都御所から移築された橋です。
PC010608


東山を借景とした平安神宮東神苑は、明治時代を代表する名庭です。
PC010618

豊臣秀吉が催した『醍醐の花見』で知られる醍醐寺 
弁天堂が紅葉の朱に染まり、池に映る姿が美しい。
PB300365

醍醐寺の子院 三宝院唐門
扉に浮き彫りされた五七の太閤桐の文様が大胆な美しさを表しています。
PB300384


京都三大祭のひとつ『葵祭』で知られる下鴨神社
緑深い『糺の森』の参道を抜けると朱塗りの鳥居が現れます。
正式名称『加茂御祖神社』といい、京都最古の社です。

PB300288

嵐山羅漢
嵯峨嵐山の寺社巡りの端緒の天龍寺は訪れる人も多く、賑わっています。
雲龍図、庭園を拝観し宝厳院に向かうと前庭に並ぶ羅漢像があります。
PB300225


イノダコーヒ三条店
常連客が腰を下ろすと、黙っていても好みの新聞とコーヒーが用意されます。
円形のカウンター席は高倉健がよくコーヒーを飲んだ場所でもありました。
PC010624

ギャラリー
  • 宮古島 その1
  • 宮古島 その1
  • 宮古島 その1
  • 宮古島 その1
  • 宮古島 その1
  • 宮古島 その1
  • 宮古島 その1
  • 宮古島 その1
  • 秋の木の実を探しに