街歩き

銀座・新宿 街歩き

年末の銀座、各店の趣向を凝らしたウインドウを眺めながら街歩き
銀座シックス入り口のアート作品、新年を迎える雰囲気も感じます
PC210030

中央ロビーのクジラ
PC210028

ディオールのビル、外壁に切り絵の大樹
PC210020

サンタが街にやってくる
PC210042


フェンディはピンクの風船
PC210060

ディオールは鳥、フラミンゴとハチドリ
PC210065

鮮やかな彩りのルイヴィトン
PC210068

シャネル
PC210073


華やかなブーケの中に小さなサンタクロース
PC210088-1

街を華やかに彩ります
PC210086


新宿南口、ドコモタワーをバックに明かりが灯ります
PC210108

シャンパンゴールドのイルミネーションの中を歩きます
PC210128

イルミネーション見物の人々で賑わっています
PC210129


中央の銀杏並木はまだ黄色い葉が散らずに残っていました
PC210099

島根県への旅 その2 松江城

国宝松江城 全国で現存する12天守閣のひとつで、唯一の正統天守閣といわれています。城郭建築最盛期である慶長期を代表する天守として、平成27年7月に国宝に指定されました。白漆喰の壁は少なく、大部分は黒の下見板で覆われています。黒を基調とした古色で質実な印象を醸しています
P5090572


城山に入ってすぐ、樹冠全体に綿雪を被ったように純白の花を咲かせる木がありました。和名『ヒトツバタゴ』というモクセイ科の高木で、俗称『なんじゃもんじゃの木』日本では長崎県対馬、岐阜県、愛知県、三重県の一部に自生地があるだけの珍しい木です(一つ葉の田子=ヒトツバタゴ)
P5090545

花冠は深く四裂して細く、長さは12~25mm。繊細で可憐な花で、雪のような花が木全体を覆い尽くす様は、神秘的でとても美しい風景でした
P5090550


自然石や割石を積む『野面積』と、石切り場で切り出した石の、平坦な面を加工し合わせやすく積んだ『打ち込み接』という手法で積まれた石垣が、当時のまま残っています
P5090585

松の庭園
P5090594

松江城は5年で完成しましたが、そのうちの3年間は石垣に費やされました
P5090555


興雲閣 松江市有形文化財、松江市歴史的風致形成建造物。明治36年、明治天皇の行在所に使用する目的で造られた迎賓館
P5090562



歩くのが苦手な我々は観光ガイド付きの船で『堀川めぐり』を楽しみました。
国宝松江城の堀、約4kmを約1時間かけて周遊する遊覧船です
P5090450


武家屋敷や塩見縄手の老松などを船に揺られながら、ゆったりと眺めることができました。
P5090440


乗合船は定員10名の小型船で、屋根が折りたたみ式になっています
P5090452



船を進めていくと新緑が美しく、藤の花やなんじゃもんじゃの花も咲いていました。カワセミ、鴨、亀などの姿も見られました
P5090470


16ある橋のうち、4つの橋は橋げたが低く、屋根を折りたたみ、乗客は体を低く折り曲げて橋の下をくぐります。寒い時期はこたつ船になるそうです
P5090485



橋の下からの風景。左の赤い幟は『松江ホーランエンヤ伝承館』の旗。ホーランエンヤとは10年に一度、約100隻の船が豪華絢爛な大船行列を繰り広げる、全国最大級の船神事です。今年は5月18日から26日まで行われます
P5090488


堀川めぐりの途中の船乗り場で、手を振って見送ってくれました
P5090494

島根県への旅 その1 出雲大社参拝

平成最後に伊勢神宮を参拝したので、令和最初の旅は縁結びの神様、出雲大社に行って来ました。玉造温泉に2泊して、路線バスやローカル電車に乗り、出雲大社&松江の街を楽しんできました。羽田から出雲縁結び空港まで約75分、上空から見た美しい富士山
P5080040-EFFECTS


出雲大社神楽殿の大注連縄。祭事や結婚式、祈祷が執り行われる神楽殿。日本一の大注連縄は平成30年7月に架け替えられました
P5090347

長さ13.6m、重さ約5.2トンの迫力ある大きな注連縄の存在感に圧倒されます
P5090354


出雲大社の正面玄関、勢溜(二の鳥居)から見た神門通り。遠くに高さ23mの宇迦橋の大鳥居(一の鳥居)が見えます。出雲駅伝大会はこの場所からスタートします
P5090193

神社は参道を上って参拝することが多いのですが、出雲大社は長い坂道を下る珍しい『下り参道』です
P5090202


大国主命が縁結びの力を授かった『ムスビのご神像』幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)の『魂』を頂く時の場面を表現しているそうです
P5090250

『松の参道の鳥居』(三の鳥居)をくぐり、風格ある松並木の端の参道を歩きます。銅の鳥居(四の鳥居)から拝殿へ向かいます
P5090255


『出雲のかたりべ』ガイドさんに案内して頂きました
P5090264

古代出雲大社は奈良の大仏(46m)より高い48mあったという巨大神殿の図
P5090266

御本殿『八足門』の前にある直径1mの柱を3本束ねた跡。3×3列の巨大柱が9本立てられ、出雲大社が巨大だったことの証明の柱跡とされています
P5090274

御本殿を参拝した後は反時計回りに瑞垣に沿って歩き、御本殿の神様と正対する西側から参拝します。屋根の上の大きな千木が印象的
P5090307

大国主命と因幡の白兎の神話に因み、境内のいたる所で目にするウサギの石像があります。それぞれ仕草・表情が違う愛らしいウサギを見て歩きました
P5090303

全国の神々に繋がるお社『十九社』旧暦10月(神在月)全国から集われた神々の宿所となります
P5090312

神楽殿の近くにある鏡の池。藤の花と池の中にコウホネの花が咲いていました
P5090357

5月14日から始まる大祭の準備が始まっています
P5090360

庭のエニシダが咲き始めました&横浜へ美術鑑賞

玄関先に咲き始めたミニエニシダの花。初めに植えた木は枯れてしまったのですが、こぼれた種からまた花が咲きました。甘い香りが漂います
DSCN3682

カラーの花
P4210015

植込みの影にひっそりと咲くエビネ
P4210014

ジャーマンアイリスが咲き始めましたが、花びらが大きいので雨に弱い花です
DSCN3664

月桂樹の花
P4071468

10日ほど前に撮影したヒメライラック。次々に花が開いていきます
IMG_0829-EFFECTS


英国で19世紀に活躍した小説家、詩人、デザイナーであり思想家のウイリアム・モリス。自然をモチーフにした繊細で美しい図柄の壁紙展に行ってきました。ウイリアム・モリスデザインの《ピンパーネル(るりはこべ)》のブックカバー
P4250039

オリジナルの貴重な壁紙や版木の作品は撮影禁止ですが、数か所撮影が可能な場所がありました。週末はこのアンティークなピアノで演奏会が開かれています
P4250026

お気に入りのリバティプリントデザイン図鑑と、英国の本は相方からのプレゼント
P4250042

壁紙展を鑑賞してショッピング。ランチコースの後の甘酸っぱいデザート
P4250036

子供の日のお菓子売り場で見つけた可愛い鯉。中身は鯉のぼりクッキーでした
P4250043


横浜へショッピングに!

良く晴れた風の強い一日、横浜山下公園を散歩しました。手前からラナンキュラス、ルピナス、チューリップ等々で、公園は華やかに彩られています
P4110024-EFFECTS

『ガーデンネックレス横浜2019』開催中で5月には横浜の市の花であるバラのイベント『ローズウイーク』が開催されます
P4110025-EFFECTS


ベイブリッジ 強風で白波が立つ海と綺麗な花々を眺めて歩きました
P4110014


みなとみらい地区 大桟橋に豪華客船が停泊中です
P4110012-EFFECTS


山下公園を散歩した後は、お気に入りのホテルでランチ
P4110037

合鴨のソテーオレンジソース ラタトゥイユを添えて
P4110044

蟹のクレープ包みグラタン
P4110043

紅茶のババロア&桜のアイスクリーム
P4110047-1

横浜海岸教会
P4110006

日本大通り駅にあるパブリックアート 柳原良平氏の陶版レリーフ、キング・ジャック・クイーンの塔
P4110002


ギャラリー
  • 公園の秋
  • 公園の秋
  • 公園の秋
  • 公園の秋
  • 公園の秋
  • 公園の秋
  • 公園の秋
  • 公園の秋
  • 公園の秋